看護師 yuki's blog

看護師してます、yukiです。色々悩んだこと、考えたことをのんびり書いていきたいと思います。

私が看護師になった理由。

こんばんは。

今日は私が看護師になった理由をお話ししたいと思います。

私が看護師になろうと思ったのは小学校の6年生の頃です。母親と買い物に行った帰りに近くの駅で看護師が足りないと演説してるのを聞きました。

それまでは人の役に立つ仕事に就きたいなーと漠然と考えていただけだったんですが、それをきっかけに13歳のハローワークとやらの本で看護師の仕事を調べました。それで面白そう!と思ってこの仕事しようと思いました。

そこから普通に中学・高校と進学して、看護大学に行きました。

実習は辛い日々でした。笑

その中でも急性期実習と訪問看護実習が楽しかったです。

急性期実習は術後の観察項目とかやることはある程度決まってるし、回復の過程が見えて元気になっていく姿を見ることができました。自宅に帰ってからどう過ごしていくかを患者さんと一緒に考えることが楽しかったです。

訪問看護実習では、病院と違って自宅で自分らしく病気と付き合いながら過ごしておられる方がすごく生き生きしていて、自宅ですより過ごしやすくするためにどうしたらいいかを一緒に考えて看護展開していくことが楽しかったです。それぞれの家に、それぞれの歴史があることも印象的でした。

実習を通して、私は患者さんが家に帰ってどうやって自分らしく過ごすかを、一緒に考えてお手伝いすることが好きなんだなーと思いました。

なので、いずれは訪問看護みたいな病院じゃなくて家でその人らしく過ごすお手伝いがしたいなと思っています。

 

私看護師の労働環境とか、ごちゃごちゃした人間関係に関してはなぜ!?と思うのと多いですが、基本的に看護の仕事は好きなんです。

私らしく、看護の仕事は続けて行きたいなーと思ってます。

 

でも今の現実はまだ病棟勤務をしております。笑

とにかく明日も出勤です。病棟の雰囲気や人は嫌だけど、患者さんには愛を持って働いてきます。

今日もお疲れ様でしたm(_ _)m